【5月29日(日)】世界チャンピオンに”スコップ三味線”を修行つけてもらうツアー【あと3名】 1



 

 

20141111152139

▲スコップ三味線スナック「スリーナイン」

 

みなさんは「スコップ三味線」をご存知だろうか!?

ほとんどの方にとって耳なじみのない単語だろう。

 

私がスコップ三味線と出会ったのは、田無駅。

駅からほど近くの雑居ビルの前を歩いていたところ、地下1階のスナックから「バン!バン!バン!」と激しい打撃音が響いていた。

金属音が聞こえるスナックなんて、なんだか恐ろしい予感がするが、好奇心をおさえきれずに入店した。

 

 

 

20141111153242

 

すると、スポットライトに照らされて、矢沢永吉の歌にあわせ、気持ちよさげにスコップを叩く男性がいた。

彼こそ、このお店のマスター、小関さん。スコップネームを舘岡鶴寿(かくじゅ)と言い、日本でも数人しかいないスコップ三味線の師範代だ。

「昼間は広告会社を経営していて、夜はこっち」と2つの顔を持つ男なのだ。

 

曲は変わって津軽じょんがら節。

スピーカーから流れる爆音のじょんがら節に合わせ、スコップを乱打する。

背筋をピンと伸びし、巧みなピックパフォーマンス。時折、私に目線を流し、不敵な笑みを浮かべる。

なんともいえぬ、謎の格好よさ!

自然と体がノってしまい、すっかり心を掴まれてしまった。

 

このたびは、マスターさんをガイドにお願いし

『世界チャンピオンに”スコップ三味線”を修行してもらうツアー』

を開催することとあいなった。
「スコップ三味線はね、基本的には宴会芸ですわ」と鶴寿さん。

この機会に、至高の宴会芸をみっちり習得しようじゃあないですか。

 

 

 

 

 

4fa0dbf7-s

▲スコップ三味線公認のヒーロー・ジャミセリオンの華麗なる演技

 

ひそかにブームになりつつあるスコップ三味線は、名誉大会長があの吉幾三氏で、競技人口は1万人ほど。

意外なことに30年もの歴史があり、オーストラリアやアメリカにまで支部が存在する。

 

世界大会も年1度、12月に発祥の地である青森県で行われている。(私が見学に行った2年前の大会は、出場者はすべて日本人だった!)

スコップ三味線ヒーロー・ジャミセリオンや、高校教師が作ったスコップ三味線ロボ、津軽三味線日本一の弾き手などが出場する熱いバトルであった。

2016年東京予選には、なんと1000人オーバーの観客が集まったという。アンダーグラウンドでかなり盛り上がってるのだ。

 

 

 

20141111155056

 

楽器であるスコップは、大抵ホームセンターで買うそうだ。

ものによって音や響きがかなり違うので、曲に合わせてスコップを変える。

 

 

 

20141111152904

 

こちらは栓抜きを改造した『プロ用バチ』だ。

ピックの両端が叩けるようになっていて、使いこなせば凄まじい連打を実現できるが、熟練までに時間を要する。

 

 

 

20141111155131

▲バチの数々。左のはゴルフクラブをガムテープでつなぎ合わせている。

 

バチは、しゃもじでもスプーンでもゴルフクラブでも、とにかくスコップを叩けりゃなんだっていい。曲も好きなものをカラオケでかければOKだ。

 

 

 

20141111155245

 

「スコップ三味線修行ツアーって言ったって、そんなに習うことあるの!?」と疑問にお思いだろう。

 

あるんです、テクニックの数々が。

 

●音が響きやすいスコップの持ち方

●連打と単打の使いわけ方

●リズムのうまい取り方

といった基礎的知識からはじまり

 

●三味線っぽく見えるカッコいい角度

●ネックパフォーマンス(スコップの柄の握り方)

●溝を叩く『すり上げ』、バチで表面を擦る『コスリ』といった高等技術

まで奥深いのです。

 

 

 

20141111153143

 

「松澤さんもやってみましょう」とスコップを渡され、実演してみたが、単純なようでこれが案外難しい。

師範のように、ギャラリーを意識したパフォーマンスなど行う余裕はなく、ひたすら下を向き、単調に叩くのが精一杯。

 

修行すればするだけメキメキ上手くなり、ともすれば世界チャンピオンまで狙えるスコップ三味線。

そこまでいかずとも、一生ものの宴会芸を習得できます。

あなたもこの機会に、一緒に試してみませんか!?

 

 

 

 

【「スコップ三味線を修行してもらうツアー」の内容】

 

1:田無駅「スリーナイン」で、師範からスコップ三味線を習う

 

20141111153322

 

2時間みっちり稽古をつけてもらい、スコップ三味線の世界に足を踏みこもう。

 

 

 

2:参加者みんなでスコップ三味線でノリまくる

 

基本テクニックを習得したら、実際に曲をかけながら、参加者みんなで実践してみましょう!

 

 

 

 

【「スコップ三味線を修行してもらうツアー」の詳細】

 

■日時

2016年5月29日(日)14時~16時30分

 

 

■ツアー場所

スコップ三味線スナック「スリーナイン」

※住所:東京都西東京市田無町2-9-1

※アクセス:西武新宿線「田無駅」から徒歩4分

 

 

■料金

3500円(飲み放題&お通し付き)

※現地にてスタッフへ手渡ししてください

 

 

■定員

15名

 

 

■ガイド

舘岡鶴寿(スコップ三味線師範)/ 紹介記事

ツアーアシスタント:松澤茂信(東京別視点ツアー代表)

 

 

■ツアー内容

師範代にスコップ三味線のテクニックを伝授してもらう。

 

 

■申し込み方法

下記、申し込みフォームに必要事項を記入してください。

内容確認のうえで2営業日以内に返信メールをお送りします。

【注意】携帯メールアドレスを入力すると、返信が届きません!






スコップ三味線ツアー
*
*
性別*
電話番号*
メールアドレス【※携帯メールは返信届きません】*
同行者の名前(いれば)
別視点からのメルマガ送信を希望する
詳細情報



コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

One thought on “【5月29日(日)】世界チャンピオンに”スコップ三味線”を修行つけてもらうツアー【あと3名】