【10月29日(土)】地球少年といく!自然の楽しみ方を伝授してもらうツアー



 

shinohara-14

▲左が篠原氏で右が別視点ツアー代表・松澤。服装の差が同じ季節とはおもえない。

 

今年3月に、みずからを『地球少年』と名のる篠原祐太氏をインタビューした。

(インタビュー記事:地球少年・篠原祐太は、なぜ4歳から昆虫を食べつづけてきたのか?

 

3月とはいえ、この夜は冷えこみ、気温5度。にもかかわらず、彼は半袖半ズボンでやってきた。

「寒さを肌で感じるのが心地いいんです。慣れれば半袖でなんの問題もありません」と言ってのける。

 

 

いつも大きなリュックを背負っているのだが、中身を尋ねると「ペットのゴキブリとか、お腹がすいたときに食べる虫料理とかです」と予想だにしていない解答がかえってくる。

自宅には4万匹の生き物を飼っていて、4歳のころから森のなかで昆虫食をはじめていた。

自然をこよなく愛し、体全体で感じ、その一手段として昆虫を食する。そんな男が、地球少年なのだ。

 

 

 

shinohara-5

 

今回は、地球少年こと篠原祐太さんをガイドにお招きし、「自然の楽しみ方を伝授していただくツアー」をおこなう。

多摩川の川原でバッタなどの昆虫を採取→バーベキュー場で調理して食べる、という自然堪能型のツアー。

けっこう体を動かすので、そのつもりでご参加あれ!

 

「バッタを採取して食べるツアー」と言うと、どうにもネタ臭く感じてしまうかもしれないけれど、それだけじゃあない。

地球少年は、幼少期から自然のなかで昆虫食していたことを「こんなこと誰にも話せないことだ…」とここ最近までカミングアウトできずに悩んできたそうだ。

その経験をつうじて、自然との向き合いかたや食に対する考え方を深く掘り下げている。

彼と丸一日ともに行動することで、自然に対して、生き物に対して、きっと新しい視点が得られることだろう。

『食は作業ではない、冒険』

昆虫食は、未知への挑戦でもあるし、食や自然の素晴らしさを教えてくれる大切な存在です、篠原は言う。

 

 

 

●「地球少年と行く!自然の楽しみ方伝授ツアー」の流れ

 

14686051_538742286332163_433807246_n

▲多摩川沿いの草むら

 

14657703_538742336332158_1969958317_n

▲多摩川沿いで採取されたバッタなど

 

【1】自然の楽しみ方を伝授してもらいつつ、バッタを中心に昆虫採集をおこなう。

 

篠原氏いわく「昆虫食は、食べるって行為だけ切り取られちゃうんですけど、そこに至るまでの捕まえにいく過程だとか、調理する過程だとか、一連ふくめて”食べるという行為”だと思うので。

身近な場所で、短い時間でそれが出来るのが、だいご味でもあります」とのこと。

バッタを中心に昆虫採集をおこなう。童心に帰ろう。

 

 

新しいビットマップ イメージ

▲多摩川緑地バーベキュー広場

 

【2】キャンプ場の河原で、採取したバッタを調理して食べる。

 

みんなでバーベキューの準備をして、昼食を食べましょう!

食材は自分たちで採取したバッタ。地産地消。

そのほかにも篠原氏が、おすすめの美味しい昆虫や珍しい昆虫を自宅から持ってきてくれるとのことなので、いろいろな昆虫食に挑戦しよう。

基本的にはバッタを素揚げにしたり、燻製にしたりする。

ぜひ、”バッタに合いそうな調味料や食材”を想像して、持ってきてみてください!実際に合うかどうか試してみよう!

 

 

14628076_534696870070038_231880119_n

▲バッタを素揚げにしてご飯にのせたもの

 

いままで「食べ物だ」という目で見てないものを食べることで、自分のなかの「こうあるべき」を壊すきっかけになるかもしれない。「足元にいるコオロギ一匹食べることのほうが、もしかしたら海外へ行くよりも変われるんじゃないかとおもう」と篠原氏は言う。

「…ちょっといきなり昆虫食はハードルが高い」という方もいらしゃるでしょうから、普通にお肉とか野菜とかBBQ食材も購入しますんで、その点はご安心を!

 

 

 

●「地球少年と行く!自然の楽しみ方伝授ツアー」の詳細

 

■日時

2016年10月29日(土)10時~15時くらい

※雨天中止となります!

天気が怪しい場合、前日夜に決行かいなかご連絡します。

 

 

■ツアー場所

多摩川の川原&バーベキュー場

 

 

■待ち合わせ場所

東急田園都市線・大井町線「二子新地駅」に10時待ち合わせ

※9時40分からスタッフがお待ちしております

 

 

■持ち物

・自然のなかで動きやすい服装(虫さされを避けるなら長袖・長ズボンがベター)

・着替えの上着

・タオル

・バッタに合いそうな調味料や食材

 

 

■料金 

4500円(キャンプ場での材料代込み)

※現地にてスタッフへ手渡ししてください

 

 

■定員

15名

 

 

■ガイド

shinohara-7

▲篠原祐太(地球少年)

 

【プロフィール】1994年地球生まれ、21歳。慶應義塾大学在学中。

地球の自然や生き物を心から愛する。現在は、数千匹の生き物と同棲する傍ら、昆虫食の魅力や可能性を伝える活動に奮闘中。

多様な虫料理企画の主催から、虫料理のケータリング、記事執筆、イベント登壇、世界初の虫ラーメン販売や虫を使ったフレンチ料理などと幅広く手掛けメディア出演も多数。

赤坂サカスでの虫ラーメン販売は、2日で600杯を完売、大きな話題を呼んだ。

衣食住の再構築と人間の探求がテーマ。

公式サイトtwitterFacebook/ インタビュー記事

 

 

■ツアー内容

地球少年・篠原さんに自然の楽しみ方を伝授していただく。

昆虫採集をおこない、バッタなどをバーベキュー場で調理して食べる。

 

■申し込み方法

下記フォームに必要事項を記入ください。

内容確認し、2営業日以内に返信いたします。

【注意】携帯メールアドレスは返信が届かない場合があります!






地球少年に自然の楽しみかたを伝授してもらうツアー
*
*
性別*
電話番号*
メール*
同行者の名前(いれば)
別視点からのメルマガ送信を希望する
詳細情報


コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です