【11月23日(祝)】45km歩く過酷ツアー!「15時間耐久山手線一周珍メシ食べ歩きツアー」【満員御礼】



 

3e4898a8

 

2年前の春から、毎年1度、山手線一周を歩いてまわるのが恒例行事になっている。

初年度は「電車でたかだか60分。山手線一周なんてちょろいっしょ!」とナメてかかって、身も心もボロボロになりつつ15時間でたどりつき、翌年ジムでちょっと足腰を鍛えて再挑戦。12時間で巡りきったのがきっかけでクセになってるのだ。なんだか謎の達成感があって、楽しい。

いつも朝一に新宿駅を時計回りにスタートし、まる1日かけてぐるっと一周する。

 

 

25b3f7f7

 

2014年度の記録は、5万9千歩、総歩行距離45kmであった。

 

 

 

92985952-s

 

初年度は1駅ごとに記念撮影をしていたのだが、スタートしたばかりの高田馬場駅と

 

 

 

39c8b683-s

 

ゴールまであと10kmぐらい、後半戦の21駅目の品川駅では表情がまるで違う。

ふくらはぎも、太モモも、腹筋も足にかかわるすべての部位が痛くなり「ここで辞めたら、これまでの苦痛が損」という損得勘定だけで乗り切った次第。

友人と2人で歩いていたのだが、2人とも思考能力にリソースがまわせず、有益な会話が不可能となった。「それ、マジックジョンソン?(それマジですか、の意)」「余裕しゃくしゃく尺取虫」など程度の低いダジャレのみで会話をすることになったのだ。

 

 

 

 

・160319_yamanote-89

▲ツアー後半。新橋のガード下を歩いているところ。

 

この謎の達成感、みんなで味わえたらさぞかし楽しかろうよとおもい、今年の3月には

「14時間耐久!山手線一周珍スポウォーキングツアー」

を開催した。

15時間半歩きまくり、各駅の珍スポも10個ほど巡るというツアー。

9名中5名がゴールまでたどりつけたものの、後半になればなるほど、ルートから外れ、珍スポを見てまわるのは心身ともにツラくなってきた。

そこで今回立ち寄る場所は「珍しい飲食店」をメインとする。

面白いメシを食いつつ、椅子に座って、体力回復&エネルギーチャージが出来るというわけだ。

 

 

・266864

▲今回のツアーは、品川からスタートします

 

内容が内容だけに、このツアーに参加される人は、それなりに体力がある方限定とさせていただきます!

とはいえ、たいして運動してなかった初年度の私が歩けたぐらいなので(後半3時間は絶望の淵にいたけど)

休日よく歩いていたり、ちょっとしたスポーツやっていたりする方ならなんとかなると思います。2~3時間に1回は休憩もとります。

「もう無理だ・・・。一歩も動けねえ・・・」となった方は、最後の手段、山手線乗車によるショートカットもありますからね!

 

 

 

 

◎おそらくここを巡るだろうというスポット

 

【1】渋谷の「名曲喫茶ライオン」でクラシックを聴きつつ一休み

 

8556cabe-s

 

巡るスポットは10カ所程度。コンディションや到着時間によって、行く場所は臨機応変に変更するので、「絶対にここ行くよ!」というわけではありませんが、だいたいの候補として、いくつか紹介しておきます。

 

品川駅からスタートして10kmあまり、ひと休みがてら「名曲喫茶ライオン」に立ち寄ります。

私語厳禁、超巨大スピーカーでクラシックを聴きながら、お茶をたのしむお店で、まさに異世界。

(レポ記事:超巨大スピーカーでクラシックを聴く!渋谷・道玄坂の「名曲喫茶ライオン」が異世界だった。

 

 

 

【2】原宿で日本一デカい綿あめを食べる

 

3b229cf6-s

 

 

原宿竹下通りでは、日本一デカい虹色の綿あめを買って、みんなでシェアして食べましょう。

(レポ記事:原宿の「TOTTI CANDY FACTORY」には日本一大きくてカラフルな綿あめがあるぞ!

 

 

 

【3】高田馬場の「ノイグインレン」でランチする

 

55fe9aa5-s

▲竹虫など昆虫料理もある。いちおう注文するけど「食べれないよ!」って方はムリにとは言いません!

 

昼食は高田馬場駅のミャンマー料理屋「ノングインレン」を予定しております。

普通においしい麺類から、ちょっと変わり種のナマズ肉カレーまでメニューは豊富な取り揃え。

季節にあわせて昆虫料理もあるので、いちおう注文しますけど、「食べれないよ!」というかたはムリにとは申しませんので、普通においしいものを食べて、山の手線一周後半戦への活力をつけてください!

ランチ代(1000円まで)はツアー料に含まれてます!

(レポ記事:【昆虫食】ミャンマー料理屋「ノングインレン」で”竹蟲”を食べてきた!

 

 

 

【4】池袋の日本一古い駄菓子屋「上川口屋」で買い食いする

 

0c7f55ac-s

▲1781年創業の日本一古い駄菓子屋「上川口屋」

 

 

池袋の雑司ヶ谷鬼子母神堂の境内にある駄菓子屋「上川口屋」。

1781年創業。日本一古くからやってる駄菓子屋さんで、いくつかお菓子を買って、おやつとして食べ歩きをしようじゃありませんか。

 

 

f9957428-s

 

ふくろうデザインのナイスなベンチもあるので、ひと休みにはピッタリだね。

 

 

 

【5】池袋の「老眼めがね博物館」でお土産のメガネを買おう

 

90a9854f-s

▲お店の壁という壁は、サングラスで埋め尽くされている

 

f17c9a81-s

▲丼1杯、およそ10個のメガネが395円である

 

山手線一周記念に、なにか手元に残るものが欲しいところだろう。

そんなあなたに「メガネ」はいかがだろうか。

駄菓子屋・上川口屋の近くにある「老眼めがね博物館」は超激安のメガネ屋さん。1個10円から売っている。

内装も変わってて、壁という壁がメガネで埋め尽くされているのだ。

(レポ記事:老眼鏡が10円だと!?さらに、はじめてのお客さまにはメガネ1つ無料プレゼント

 

 

 

【6】秋葉原でガツ盛り夕飯を食べる

 

フレスカ

▲フレスカのガツ盛りパスタは1kgもある!(食べログより)

 

ちょうど秋葉原に着く頃が、夕飯どきなんじゃあないかと想定しております。

重量1㎏もあるガツ盛りパスタが有名な「アンジェリーフレスカ」で、がしっと栄養補給しちゃいましょう。

もちろん、普通盛りもあるので「そんなに食べらんないよ!」って方もご安心を。オムライスとかおいしい洋食、たくさんあります。

夕食代(1000円まで)もツアー料金までに含まれてます!

 

 

とまあ、大体こんな感じ。

過酷なツアーになりますが、終わったあと参加者同士には、謎の連帯感が生まれること間違いなし!

 

 

 

 

【「山手線一周15時間耐久珍メシ食べ歩きツアー」の詳細】

 

■日時

2016年11月23日(祝)8時~23時予定

※雨天決行(ただし荒天の場合は中止となります)

 

■スタート場所

「品川駅」のJR中央改札口前に集合

※別視点ツアーの旗を持っています

 

■料金

6400円(昼飯、夕飯代込み)

事前に『銀行振込払い』となります。振込口座は返信メールでお伝えします

※喫茶ライオン、昼飯代、夕飯代込み(ただし、昼飯と夕飯は1000円まで。超えた分は各自支払い)

※そのほか有料施設、ショッピングなどする場合は各自別途支払い

 

 

■持ち物、格好

動きやすい靴、服装で!

(荷物も極力軽くしたほうがいいですよ。ちょっとした重量も後半響きます!)

 

■定員

10名

 

■ガイド

松澤茂信(別視点ツアー代表)

齋藤洋平(別視点ツアー副代表)

 

■ツアー内容

山手線一周を歩きながら、各駅のおもしろい飲食店や珍スポを10カ所ほど巡る

 

■申し込み方法

※満員のため締め切りました!


コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です