【2016.03.26(土)】植木鑑賞道を究める!下町・平井の植木鉢をひたすら鑑賞するツアー【満員締切】



 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

植木鉢、観ていますか?

ともすればまったく気にも留めない植木鉢という存在。

いったん注意をしてみると、あっちにも植木、こっちにも植木と、驚くほど路上には植木鉢があふれている。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲植木ウォッチャー・木村りべかさん

 

そんな、なんでもない普通の植木鉢に魅せられ、植木写真を8年間ものあいだ撮り続けているのが、図画工作作家の木村りべかさんだ。工作作家として芸術賞「3331アンデパンダン・スカラシップ賞」を受賞するかたわら、独自の植木鉢鑑賞道を切り開いている植木ウォッチャーである。

 

木村りべかさんが植木鉢の虜になったのは、美大生2年のころ。

地元のミニシアターに放置されていた花輪の残骸に「豊かだったころの記憶が残っていて、切なくていいな」と惹かれたのがきっかけだとか。「どこにでもあるのが良さでもあり、しんどさでもある」とおっしゃる木村さん。いまでこそ肩の力をぬいて楽しめているが、予定に遅れそうなときや疲れはてているときでも、植木鉢が気になって気になって仕方がなく、それが億劫で「外に出たくない・・・」と追いこまれてた時期もあったほどだとか。

 

そんな植木に魅了されてしまった木村りべかさんをガイドにおむかえし

3月26日(土)「植木鑑賞道をきわめる!下町・平井の植木鉢をひたすら鑑賞するツアー」

を開催することとあいなった。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲「抽象画のナスカの地上絵」のようであるが、だいたいの巡るコースである。

 

ガイドをするのは、東京都の東のはずれ、平井駅周辺である。いい植木鉢は下町に密集している。

絵を描いたり、詩を綴ったり、そういう表現活動をすることのない下町の普通のおじちゃん、おばちゃん。

彼らが唯一おこなう、外にむけたアウトプットが”植木鉢”なのである。

 

鉢の配置にこだわりを感じたり、突き刺す支え棒の色合いにこだりがあったり、選ぶ鉢のタイプとそこに植える木の種類の組み合わせなどなど、そんな気はなくってもおばちゃんおじちゃんの心のありようがにじみ出てしまっているもののが、植木鉢なのだ。

見られることをほとんど意識していない、むきだしの表現を、あらゆる観点から感じとる行為、それが植木鉢鑑賞道である。

 

具体的にどういうことかイメージしづらいでしょうから、「こういう鑑賞ポイントを伝授するツアーですよ」という例をいくつかあげていこう。

 

 

 

 

●やさしさと用心深さの紐

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ポイントをおさえて、植木を観てみると、植木鉢1つ1つから持ち主の生活や思考が香ってくる。

たとえば、ヒモ。

電信柱や家のフェンスに、ビニール紐でくくりつけられている植木鉢がよく見受けられる。これは「植木鉢を倒したくない」という用心深さとやさしさの表れだ。

なかには上記写真のようにゴムタイヤで結びつけていることもあり、より「倒したくない」という強い意気込みを感じる。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

木村さんが「やさしさの象徴」と断言するのが、鉢にはいった貝がらだ。

「貝のカルシウムを植木に与えてあげようという意思が、とても優しい」のだとか。犬好きに悪い人がいないように、貝がらを鉢にいれる人に悪い人はいない。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やさしさは、段ボールにもあらわれる。

一見、なんのために段ボールで植木が包みこまれているのかわからなかったのだが、木村さんいわく「室外機からでてくる排気から、植木を守っていて、とてもやさしい」のだそうだ。

 

かように、持ち主のやさしさや気質といったプライベートな部分が漏れでてしまっているものが、無防備にも誰の目にもつく場所に置かれている。

それが、植木鉢の面白いところであり、恐ろしいところでもあるのだ。

 

 

 

 

●鉢on鉢

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「大きな鉢のうえに、小さな鉢をのせがち」というのは、植木鉢鑑賞における定番あるある。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2重、3重はかわいいほうで、ともすれば↑のように4重植木鉢になるものも。

31アイスクリームの創業者は、こういう重ね植木鉢をしていそうだ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

もはや重ねること自体が目的と化してしまった発砲スチロール鉢。

もともとは植木がうわっていたのだろうブロッコリーの発泡スチロールに、コンクリートブロックと石が重ねてあった。

 

 

 

 

 

 

●開かずの植木

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「植木でドア、ふさぎがち」というのも、植木あるあるの1つだ。

注意して住宅街をあるいてみると、意外なほど多くのドアが植木によってふさがれている。

これを「開かずの植木」という。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ほんの2時間歩いただけで、なんとも多くの入り口が植木でふさがれていた。

裏口ならばまだしも、なかには表玄関をふさいでいる開かずの植木もあり、「入り口とは、玄関とは」と考えざるをえない。

 

 

 

 

●支柱病

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

植木を支えるという目的にたいして、過度の棒が刺さりまくっている植木鉢を「支柱病」と呼ぶそうだ。

「支えたいというやさしさは感じるんですが、過干渉とでもいいますか。なにか支柱におかされている、そんな印象をうける鉢です」とのこと。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲スタンバイする支柱

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

縦だけでなく横にも支柱をとおして、エクセルみたいになってるケースもある。

 

 

 

 

●根性系

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲根性で植木鉢が持ちあげられてる

 

支柱病のように過保護に育てられている植木もあれば、成長が鉢ではおさえきれず、力いっぱいとびだしてるケースもある。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この大きな木の根元を見てみると、びっくりするほど小さな鉢が。もともとはあのサイズだったのだとすれば、植物の生命力たるやすさまじい。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

植木ではないが、こちらもド根性を感じる。

アスファルトを、金属のトタンを、ぶちやぶって誕生したような勢いのある樹木だ。まさに、爆誕といえよう。

 

 

 

 

●見られることを前提としたアイドル植木

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なかには、はなから観られることをバリバリに意識しているアイドル植木もある。

やはりそういった外部の目を気にしている植木は、華やかで色鮮やかだ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

かわいいチューリップが室外機をお立ち台がわりにフィーバーしている。バブルの名残のある植木鉢だ。

 

 

 

 

●植木と異物

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

解剖台の上でのミシンとこうもりがさの出会ったように、植木鉢のなかで植木と異物がひょんな出会いをしていることも。

上の写真は、なぜか麻雀パイが植木鉢のなかにはいっていた。

「もしかして植物とかけて、緑一色の役満だったりしないか」とよく見てみたが、そんなことはなかった。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

イカと植木が吊るされている窓。

植木にまぎれて、とても自然にスルメイカが作られていた。

 

 

 

 

 

【「下町・平井の植木鉢をひたすら鑑賞するツアー」の内容】

 

1:平井を歩きまわりながら、植木鉢鑑賞のポイントをガイドする

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

とまあ、こんな具合に植木鉢を鑑賞しながら、平井駅周辺を2時間ほど歩きまわるわけです。

植木鉢ウォッチャー歴8年の木村りべかさんと、実際に歩きながら、「植木鉢鑑賞ポイント」「植木あるある」など、植木鑑賞道の急所を伝授してもらうのです。

普段見慣れた風景が一変して、なんでもない道端の植木を、きっとスルーできなくなってしまいますよ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲バウンドするサボテン

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲神棚のような植木群

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲不安定なじょうろ

 

 

 

 

2:平井最大の謎店「ハピネス」に立ち寄ってみる

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

平井駅最大の謎店「ハピネス」。

どうやらリサイクルショップのようなのだが、何度訪ねても開店していたことはない。時折あたらしい看板や装飾が増えているが、すべからく味のある手書きのもの。

すぐ脇のせんべい屋さんが情報屋よろしく「ハピネスは今日の14時までやっていた」「ハピネスは今日やっていない」などとハピネス情報をくれるのだが、フラグを回収しきれていないのか、その内部のようすはいまだ不明。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

前回うかがったさいは、ドアをノックするも、なかで影がゆらゆらとうごめいていただけで、誰も出てはくれなかった。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この日は晴れていたのだが、雨天中止の張り紙とともに、やはり当然のごとく閉店した。

植木鑑賞ツアーのコース途中にあるので、立ち寄ってみましょう。もしも最高に運がよければ、開店しているかもしれない・・・。

 

 

 

 

【「植木鑑賞道を究める!下町・平井の植木鉢をひたすら鑑賞するツアー」の詳細】

 

■日時

2016年3月26日(土)13時~15時30分

 

 

■場所

総武線「平井駅」の改札口集合

 

 

■料金

3000円

※現地でスタッフに手渡しください

 

 

■定員

8名

 

 

■ガイド

木村りべか(図画工作作家)   twitter/サイト

 

[略歴]
1987年 群馬県生まれ
2011年 武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科卒業
2013年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業

 

[受賞]
2011年 キヤノン写真新世紀 佳作(選:椹木野衣)
2014年 3331 アンデパンダン スカラシップ賞(選:平方正昭)

「“日常のバグ”をテーマに、どこにでもある景色から面白いものを切り取っています」

 

 

■ツアーアシスタント

松澤茂信(東京別視点ツアー代表)

 

 

■ツアー内容

平井駅周辺を2時間ほど歩いてまわって、植木鉢鑑賞法をガイドする。

 

 

■申し込み方法

※満員になりましたので、締め切っております


コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です