【12月25日(日)】クリスマス特別企画「8時間耐久!怪談百物語」



 

84d89a5f0e9be0bb71b20dd86f9913f6_s

 

怪談百物語。

100本のロウソクを灯した部屋で、100個の怪談を語り、話し終えるごとにロウソクを1つずつ消していく……

すべてのロウソクが消えたとき、科学では説明できない、不思議な現象が起こる。

そんなイベント。

 

ほとんどの人が存在を知っているけれど、完遂したことある方はほとんどいないのではないだろうか。

そもそも100個の怪談を用意するのが大変だし、時間もかかる。

条件が厳しすぎるのだ。

 

 

hyaku-monogatari-2

▲前回(2016年夏)におこなった百物語の一場面

 

そんな高嶺の華の百物語を、一年間でもっともふさわしい日に実行する。

そう、12月25日。いわずとしれたクリスマス、その日である。

 

ある者にとっては、華やかでにぎやかで、楽しくて最高にハッピーな1日。

それがクリスマス。

 

だが、ある者にとっては、陰鬱で耐えがたく、世の中との乖離をまざまざと叩きつけられる1日。

それもクリスマス。

いっそ耐えがたいのであれば、怖い話しを突きあわせ、みんなで恐怖のどん底に突き進もうではないか。

守りのクリスマスではない。攻めのクリスマスである。

 

というわけで、別視点サロンにて

「8時間耐久」

で百物語を行う。

参加者みんなで怖い話しをもちよって、各自が話していくスタイルをとる。

 

クリスマスですからね

・男と女の私的なトラブルやアクシデント

・男女関係のもつれから発展した事件

・悲しいすれ違いの恋

なんて、いいネタになるんじゃないでしょうか。

 

「怖い話しや他人の不幸話は聞きたいけど、話すネタがないよ~~~~~」という方も遠慮なくご参加ください。

聞くだけ参加、もおおいに有りです!

 

 

 

 

hyaku-monogatari-5

▲100個のLEDキャンドルを用意している

 

LEDキャンドルが灯った薄暗い部屋は、クリスマスにふさわしいロマンチックなムード。

1つ1つ消えていき、暗闇が生み出すものは、幽霊か、はたまた淡い恋心か。

 

クリスマスなので、当然、チキンにケーキ、シャンパンを用意します。

飲んで食って、健全に百物語を堪能しましょう。

 

怪談だけではなく、「都市伝説」「未解決事件」「オカルト話」「恋の失敗談」「不幸なアクシデント」でもOK

プロジェクターでお気に入りの「心霊写真」や「怖いYOUTUBE動画」を映すのも1話とカウントします。

とにかくゾッとする話しなら、ジャンルは問いません。なんでもありのバーリトゥード百物語だ。

 

 

 

 

 

 

◎「8時間耐久!百物語語りつくしツアー」の詳細

 

■日時

2016年12月25日(日)12時~20時頃

※開始20分前から入店できます

 

 

■ツアー場所

別視点サロン

※住所:東京都中央区堀留町1‐7‐11

アクセス:日比谷線、浅草線「人形町駅」から徒歩3分、半蔵門線、銀座線「三越駅」から徒歩7分

 

 

■料金

4500円(飲み放題&チキンとケーキ付き)

※現地にてスタッフへ手渡ししてください

 

 

■定員

12名

 

 

■ガイド

松澤茂信(東京別視点ツアー代表)

齋藤洋平(東京別視点ツアー広報)

 

 

■ツアー内容

参加者みんなで怪談や都市伝説などを100個語りまくるイベントです。

(聞くだけ参加もぜんぜんOKです!)

 

 

■申し込み方法
下記、申し込みフォームに必要事項を記入してください。

内容確認のうえで2営業日以内に返信メールをお送りします。






クリスマス百物語ツアー
*
*
性別*
電話番号*
メール*
同行者の名前(いれば)
別視点からのメルマガ送信を希望する
詳細情報


コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です