【2017年2月25日(土)】秘宝館バスツアー in 群馬【満員御礼】



 

2017年2月25日(土)にバスツアーをおこないます。

 

hihokan-79

 

今回は

『秘宝館バスツアー in 群馬』
でございます。
群馬県がほこる、熱狂的で職人芸がひかる秘宝館をいっきょに2つ巡ろうじゃないですか!
あわせてレトロ自販機コーナーやこんにゃくテーマパークも立ちよりますよ!
「1人じゃあ行きづらい…」「運転できないから行けなかった…」そんなところを一緒に行きましょう。徹底的にガイドいたします。
◎こちらのツアーは富士急トラベルとの共同企画です。運行のバックサポートや申し込みは富士急トラベルが担当いたします。

◎お申込みは富士急トラベルの申し込みページからとなります。

 

 

04095876-s
▲2016年2月におこなった「熱海珍スポバスツアー」の様子(@風雲文庫)

 

 

2cbca9a3-s
▲同上(@昼食)

 

 

20161218_akutaimatsuri-2

▲2016年12月「悪態まつりと牛久大仏をめぐるツアー」にて(@牛久大仏)

 

 

20161103_tochigi-bus-tour-121
▲2016年12月「栃木珍スポバスツアー」にて(@性神の館)

 

 

「1人だし、初参加だし、バスツアーなんて大丈夫かな」って方も、そこはエイヤっ!と飛び込んでみてください。案外、大丈夫です。以前から何度かバスツアーは開催しているんですけど、あえて1日がかりで珍スポットを巡ろうという、意欲と好奇心をお持ちのかたばかりなので、趣味趣向がかなり似てますので。気が合います。

 

 

もちろん友人と連れだって2~3人での参加も大歓迎!ペア参加ならば料金を500円割引きます!

いままでのバスツアーは1人参加7:ペア参加3って比率ですかね、だいたい。
男女比はいつも女性のほうがすこし多くて、男4:女6ぐらいの比率です。
このサイトやトークイベントでも珍スポの魅力を「これでもか!これでもか!」と熱狂的にお伝えはしてますが、やっぱり現場に行って、五感で浴びるように感じて、はじめてその真価を発揮すると思っております!

サイト読むより、トークで聞くより、本物のスポットは5億倍面白いっすよ!共にいきましょう!

 

◎富士急トラベルの申し込みページ

————————————
ツアーの流れは、以下のとおりです。
群馬のとびきりハッピーでディープなスポットを4つハシゴしましょう!
7時40分~8時:池袋駅西口「東京芸術劇場正面入り口前」に集合
8時:出発※車内で『巡るスポットの徹底ガイド』『サイトに載せられない群馬ディープスポット』を話します!

▲2016年10月にLINELIVEで放送した「かがや潜入ロケ」

 

 

 


10:00~10:30

1つめ:レトロ自販機がずらり「ドライブイン七輿」

 

0e7ceed4-s
▲ドライブイン七輿。長距離ドライバーの憩いの場だ

 

まずバスツアーの口火を切るのが「ドライブイン七輿」
群馬県藤岡市の県道からすこし外れたところにポツンとあるドライブインだ。
その寂れた存在感から、映画ロケにもたびたびつかわれている。

 

 

2dafdc95-s
▲トーストとハンバーガーの自販機

 

 

b369b767-s
▲うどんの自販機もあるよ

 

このドライブインにはレトロ自販機がずらりと並んでいる。
ハンバーガー、トースト、うどん・ラーメン自販機など現存する台数がかなり減ってるレアな自販機たち。
機種はおなじでも、中身の製品はそれぞれオリジナルでつくるので場所によって味が違うんです。
お腹に余裕がある人は、お昼ごはんまえに軽く1杯すすってもいいかもですね。

 

 

56a08455-s
▲じゃがりこが景品のUFOキャッチャー

 

fc07ddfc-s
▲「カプセルの中身、なにかな~」とよく見てみたら

 

cd7c3001-s
▲女性もののパンティーだった!

 

ゲームコーナーも中年男性ドライバー向けに工夫されていて、なかなか面白い。
UFOキャッチャーのカプセルのなかに女性モノのパンティーが入ってるんだから!
秘宝館にがっつり乗りこむまえのちょうどいい肩慣らしになりそうですね。

(レポ記事:レトロ自販機が揃う「ドライブイン七輿」は哀愁ただよう場所だった

 

 



11:10~12:00

こんにゃく料理がタダで食べ放題!「こんにゃくパーク」

 

1180a2b5-s

 

秘宝館はもうちょいお預け。
お次にむかうのは「こんにゃくパーク」でございます。
こんにゃくメーカーのヨコオデイリーフーズが運営しているこんにゃくテーマパークで、工場見学ができたり、20種類以上のこんにゃく料理がタダで食べられるのだ。

 

 

c0846c62-s

 

こんにゃくに座ったウサギが盛大にお出迎えしてくれる。

 

 

915976a6-s
▲ずらりとならんだこんにゃく料理たち

 

21c7982b-s
▲あんかけラーメン風こんにゃく

 

f41f0a9f-s
▲やきそば風こんにゃく

 

21e600f2-s
▲レバ刺し風こんにゃく

 

08893169-s
▲こんにゃく抹茶プリン

 

こんにゃくで出来た焼きそばやラーメン、レバ刺し風こんにゃくにこんにゃく抹茶プリン。
おかずから主食、デザートまですべてこんにゃくで再現されているのだ!
変わり種こんにゃくを20種類以上、いっきに試せる機会ですよ。

 

 

13:10~14:00

お昼:未解決殺人事件がおこった『水澤亭うどん』

 

新しいビットマップ イメージ
▲つかんだボール数だけうどんがもらえる「うどんのつかみ取り」もあるよ

 

お昼ごはんは、うどん屋「水澤亭」で食べます。
じつはこのお店、2000年にその駐車場で未解決殺人事件がおこっているのです。
『伊香保町うどん店経営者殺人事件』として知られています。
事件詳細はこちらのリンクをどうぞ。

 

ただし、うどん自体はおいしいお店なのでご安心を!!
ゆっくりと英気をやしなって、午後からの秘宝館2連発にそなえましょう!

 

 

 

14:10~15:10

3つめ:突き抜けたマジメさが逆にクレイジー「命と性のミュージアム」

hihokan-32
▲女体をイメージしたコラージュ作品。神さまや花、ドラえもんが切り貼りされている。

 

さて、腹ごしらえしたところで、いよいよ秘宝館に突入だ!!
まずは「性と命のミュージアム」。

オーナーはふくよかなおばちゃん、館長はまじめそうなおじさん。2人が手厚く歓迎してくれる。
パッと見、夫婦のようだが友人なんだとか。性と命を感じるじゃないですか。
ホームセンターで材料をそろえ、ほぼすべての展示を2人で手作りしたそうだ。

fc024d2b
▲人間がくんずほぐれつしている柱

 

cb94508b-s
▲帝王切開が観れる映像コーナー

 

「秘宝館ではありません。性にまつわるマジメな博物館です」と公言しているだけに、展示物も学術的なものがおおい。
が、マジメが突き抜けてクレイジーな領域にどっぷり浸かっているのがここの特徴。
ほとんどの展示物が、とてもこのサイト上には載せられないものばかりだ。
こればっかりは現地で観てもらうしかない。

 

◎子づくり用ダブルベッドがある個室
◎はりつけにするための縄と十字架
◎妊婦を疑似体験できるスーツ
など体験系アクティビティも盛りだくさんだ!!

(レポ記事:秘宝館系スポットのなかでもトップクラスのクレイジーさ「命と性ミュージアム」

 

 

 

 

15:20~16:20

4つめ:下ネタマシンガントークは神業の領域!「珍宝館」

 

hihokan-79 (1)

ツアーの最後を飾るのは、ここ!珍宝館だ!
ここの最大の特徴は、館長さん(マン長を名乗っている)の軽快なトークだ!
立て板に水のマシンガントークで、入場者を圧倒する。
毒舌のなかにユーモアを織りまぜ、綾小路きみまろにも匹敵する職人的なトークをくりひろげる。
受付にいるときはやさしい田舎のおばあちゃんなのだが、解説をはじめたとたん顔つきもオーラも変わるのだ。

トーク中盤で入場者すべての全員の股間を触り「たまごクラブ」「サハラ砂漠」などとニックネームをつけてくれる。
ちなみに私は1度目の来訪時が「子ども店長」、2度目の来訪時は「レアメタル」であった。

 

 

hihokan-86

 

「秘宝にみえる石」「全裸の人間に見える樹木」「マリリンモンローばかり書いてる画家の絵」
などのコレクションも充実していて、ほんと最高の秘宝館!
一緒にニックネームをつけてもらいましょ~。

(レポ記事:館長の下ネタマシンガントークに圧倒される「珍宝館」

 

 

 

 

19時ころ:池袋駅到着

 

 

 

【希望者のみ】

19時30分~21時30分ぐらい:
日暮里のトルコ料理屋「ZAKURO」で打ち上げ!

ea8ed5bd

 

希望者だけそのままバスで日暮里まで移動して、打ち上げをおこなう!
場所はトルコ料理『ザクロ』だ!
店長アリさんは、男は罵倒し、女は口説きまくるスゴイお店。
「社会の役に立てー!」とチョコを投げられたり、無理やりベリーダンスを踊らされたりするよ。

(レポ記事:60人超えの客を相手に、店長がカラミつづけるトルコ料理屋「ZAKURO」

 

 

 

————————————

 

 

 

【ツアー参加者への特典】

1:別視点ガイド編集長の徹底ガイド

B5L8Znj7

 

日本全国&世界各地の珍スポットを巡りあるいた別視点ガイド編集長・松澤が同行しまして、徹底的にガイドさせていただきます!
1人でふらっと行くよりも、気づける面白ポイントはぐっと増えるはず。

 

 

 

2:ブログに載せられない群馬のディープスポット話し

0a327587

 

移動時間が2時間ちょいとまあまああるので、車内で「サイトに載せられない群馬のディープスポット話し」をいたします。

オフラインの場ならではの楽しみですね。

 

 

 

3:別視点特製のパンフレット

バスツアーの「旅のしおり」を作りまして、お渡しいたします。

 

 

 

————————————

【ツアー詳細】 

日時 
2017年2月25日(土)8時~19時ころ
スケジュール

池袋駅西口「東京芸術劇場正面入り口前」【07:40集合】(08:00出発)――<高速道>――ドライブイン七輿(観光)【10:00~10:30】――こんにゃくパーク(試食&工場見学)【11:10~12:00】――<高速道>――水澤亭うどん(昼食)【13:10~14:00】――命と性ミュージアム(観光)【14:10~15:10】――珍宝館(観光)【15:20~16:20】――<高速道>――池袋駅(19:00頃着)

 

―――日暮里(19:30頃着 ※打ち上げ希望者のみ)

 

 

 

集合場所 
7時40分~8時 池袋駅西口「東京芸術劇場前」待ち合わせ

※8時に遅刻されたばあい、バスに乗れない場合がございます。余裕をもっておこしくださいませ

 
費用 

14800円
 (2人以上での参加ですと、1人あたり500円割引きます)

※『貸切バス、施設入場料、昼食代、別視点特製パンフレット』すべてコミコミのお値段です!

※打ち上げ参加は別途お支払いが必要です。(3500円前後)
定員
40名まで

 

 

申込み可能日
2月20日(月)17時まで

 

 

参加方法
富士急トラベルさんの特設サイトからお申込みいただけます。

 

 

ご質問など
質問などありましたら info@betsushiten.comにメールください


コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です